*

移乗サポートロボット『Hug(ハグ)』が導入されました

   

先日、リハビリセンターに移乗サポートロボットHug(ハグ)が導入されました。

実際の写真がこちらです。

現場での使用場面はこちら

・使用前は介助者(スタッフ)の体の上下運動に加えて、腰の回転により腰痛出現や腰への負担が増えてていました。

・使用後はHug(ハグ)のセット時に、ご利用者の足上げ介助に体の上下運動を行いますが、腰の回転がなくなり、腰への負担軽減が見られました。

◎ご利用者様の感想

初めは機械に対する不安感があったが、抱えられる痛みがなく、移動が楽だった。

◎介助者(スタッフ)の感想

最初ということもあり、確認作業に緊張したが使ってみると楽だった。慣れていけば、もっと使っていきたい。

今後も腰痛対策、利用者の安楽な移乗・移動を行えるよう、引き続き移乗サポートロボット定着を目指して活動していきたいと思います。

腰痛対策委員会

 - お知らせ, ブログ